日記と掲示板をひとくくり♪
スポンサードリンク
■スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.10.18 Saturday cm0 -
■カンボジアウィークの内容日程

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ユネスコクラブ主催!カンボジアWEEK!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

カンボジアと聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?
地雷、教育、平和構築、子どもたち、アンコールワット・・
今年の春、ユネスコクラブはカンボジアで2週間
「平和構築の観点からみた、カンボジアにおける教育・文化、地雷問題」を学んできました。
皆さんにもカンボジアを知ってもらいたく、カンボジアweekを設けました。

4月21日(月)〜25日(金)
◎本館2階ラウンジ
 スタディーツアー内容の展示。写真もたっぷり。
 ぜひご覧になってください ^^*

◎三省堂さん(新D館2F)
 カンボジアの子どもたちへの教育支援募金箱を設置。
 おすすめ書籍もいくつかおかせてもらいます。

●22日 ランチタイム ベークセール @新D前
●23日 19:00〜 @オスマーroomA(図書館と繋がっている建物の中です!)
    カンボジア映画上映会!「地雷を踏んだらサヨウナラ」
●24日 ユネスコクラブとNGOカンボジアスクールの座談会

ぜひぜひ展示を見て、いろいろと感じてください!
考えてください!
そして、カンボジアへ目を向けてみましょう!

映画上映会ぜひぜひいらして下さい!
ちなみに内容はこちら・・

1972年カンボジア。インドシナ半島の動乱期。
ロバート・キャパや沢田教一に憧れて戦場カメラマンを志し、
日本を飛び出し、
機関銃の変わりにカメラのシャッターを押し続けた25歳の若き青年がいた!
彼の名は“一ノ瀬泰造”!
ひとたび戦闘が始まると、身を隠すどころか、我先にと戦場を駆け回る、
やがて、解放軍クメール・ルージュと政府軍(ロン・ノル政権)の戦闘は激化していく中、
解放軍の聖域であるアンコール・ワットを撮影することにとり憑かれてしまう。
今まで何人ものカメラマンが挑戦し、帰らぬ人となっていったにも関わらず、
シェムリアップに腰を据え、一番乗りを狙う!
「アンコール・ワットにクメール・ルージュ、村人を撮ったら死んでもいい…」
「今回は、地雷の位置も全然解らず、
行き当たりドッカンで、例の所の最短距離を狙っています。」
「もし、うまく地雷を踏んだら、サヨウナラ!」(一ノ瀬泰造の日記より)
そして、1973年11月27日、ある戦場カメラマンの行方不明が報じられた。
一ノ瀬泰造、カンボジアに散る。
26歳の誕生日を迎えて間のない時だった。
その同じ日に、日本で後に映画俳優となるひとりの男が、この世に生を受ける。
浅野忠信。
一ノ瀬泰造の生まれ変わりとして、
1999年11月27日26歳の誕生日と共に、
この映画で一ノ瀬泰造を演じることとなる!(顔も似ています)


2008.06.27 Friday cm0 2008年新歓企画
■スポンサーサイト

2008.10.18 Saturday cm0 -

* comment





Category
Archives
qrcode
Links